プッシュ通知サービス「PushTracker」
搭載機能のご紹介

プッシュ通知サービス「PushTracker」に搭載されている機能をご紹介します。
お客様のWebプッシュや、アプリプッシュの成功をお手伝いする機能を多数搭載しております。

予約・即時プッシュ通知

予約・即時プッシュ通知

時間を指定して配信する予約配信はもちろん、配信設定を行った直後に配信できる即時配信機能も搭載しております。

ターゲット検索条件保存

ターゲット検索条件保存

「通知ターゲットを検索する条件」を保存しておくことが可能なので、次の配信や定期配信の際に素早く再利用することができます。主に、特定の条件に当てはまるユーザーへ通知した場合の効果を、定点観測するために利用します。

プッシュ通知ターゲット保存

プッシュ通知ターゲット保存

「検索時点での通知ターゲット」をグループ化し、保存しておくことができます。時間が経過しユーザーの属性が変動したとしてもグループは保持されます。そのため主に、"過去なんらかの条件にあてはまっていたユーザー"へ通知した場合の効果を定点観測するために利用します。

絵文字プッシュ通知

絵文字プッシュ通知

プッシュ通知を行う際の通知文言に、絵文字を含むことができます。適切な量の絵文字はユーザーの目を引くことができるので、開封率向上につながります。

A/Bテストプッシュ通知機能

A/Bテストプッシュ通知機能

1度のプッシュ通知で、最大5パターンの文言を送り分けることができます。プッシュ通知の効果には文言も大きく影響するため、A/Bテスト配信により最適な文言を見つけ出すことは、非常に重要となります。

カスタムクエリ

カスタムクエリ

プッシュ通知に任意のパラメータを保持させて送ることができます。カスタムクエリを利用することで、プッシュ通知を受信したアプリ側で、あらかじめ設定しておいた機能を呼び出すことができます。

【例】ポップアップ、サウンド、特定ページへの遷移等

追加データの参考例※自由に設定いただけます。

キー

  • ・popup_flg
  • ・trasition

  • ・0 or 1
  • ・遷移先URL

複数サイト・アプリ管理

複数サイト・アプリ管理

1つの管理画面で複数のスマートフォンアプリや、Webサイトのプッシュ通知を一元管理できます。Webサイトやアプリ毎にユーザーを限定することも可能です。

定期プッシュ通知

定期プッシュ通知

毎日、毎週、毎月等、繰り返しの間隔と時間を指定し、定期的なプッシュ通知を行うことができます。事前に設定を作っておくだけで配信できるので、都度配信設定を行う必要がなくなり、ユーザーとの接点増加と同時に運用負荷軽減にもつながります。

ユーザー行動分析/効果測定

ユーザー行動分析/効果測定

プッシュ通知後の開封率だけでなく、詳細遷移、プレコンバージョン、コンバージョンを把握することができます。詳細遷移、プレコンバージョン、コンバージョンは全体数値と通知経由の数値を比較することもできるので、全体の数値にプッシュ通知がどの程度貢献しているかもわかりやすくなっています。 ※プレコンバージョン:Webサイトやスマートフォンアプリにおける目標達成直前のステップのことです。ECサイトであれば「カート投入」等を指します。

プッシュ通知結果比較/アプリ・サイト間クロス分析

プッシュ通知結果比較/アプリ・サイト間クロス分析

複数のスマートフォンアプリやWebサイトのプッシュ通知結果を横断して比較できます。以下のような使い方が容易です。

  • ・同一ブランドのWebサイトとスマートフォンアプリに通知を送り分け、効果を比較する。
  • ・同一ジャンルの複数のWebサイトに通知を送り分け、比較する。

各種API提供(プッシュ通知配信API、ユーザー属性更新API、他多数)

各種API提供(プッシュ通知配信API、ユーザー属性更新API、他多数)

PushTrackerは、お客様のシステムと連携しやすいよう、配信や属性更新のAPIを提供しております。配信APIを利用いただくことで、ポイント付与時等のPushTracker側からは観測できないトリガーを用いた自動配信が可能です。

ユーザー属性管理

ユーザー属性管理

属性名、内容、指定方法等を自由に決定し、任意の属性を作成できます。そのため、お客様の会員DBから属性を取り込む際にも、スムーズな連携が可能です。
属性を取り込む方法は、管理画面から手動で更新する以外にも、APIやCSV定期取込による自動化も可能です。

管理画面ユーザー管理

管理画面ユーザー管理

権限グループを作成でき、ユーザーを権限グループに紐づけることで、閲覧・編集できる機能をユーザー毎に制限することができます。これにより、分析結果のみを確認するユーザーや、アプリ毎の管理者を設定いただくことが可能になり、外部委託等も行いやすくなります。

SDK提供

SDK提供

PushTrackerをご利用いただけるお客様には、APNsやGCM(並びにFCM)等の、各OS・ブラウザのメッセージ配信サービスと、プッシュ通知サーバ間の通信処理をラッピングしたSDKを無償提供いたします。
これにより複雑な処理を改めてアプリ上で実装する必要がなくなり、スムーズに導入を行うことができます。

  • ※APNs:Apple Push Notification Serviceの略。iOSのメッセージ配信サービスを指す
  • ※GCM:Google Cloud Messagingの略。Googleのメッセージ配信サービスを指す。
    (2019年4月に廃止し、FCMへ移行の予定。)
  • ※FCM:Firebase Cloud Messagingの略。
  • ※本サイトに記載されている商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

Webプッシュ通知

Webプッシュ通知

PushTrackerではユーザーに通知許可を促すダイアログのデザインを、自由にカスタマイズしていただけます。お客様のWebサイトのイメージを損なうことなく、通知を許可するメリットをユーザーに認知させやすくなります。そのため、より幅広いユーザーへのプッシュ通知配信が可能となります。

イベント通知

イベント通知

PushTrackerではユーザーが特定の条件を満たした際に、自動的に通知を配信する「イベント通知」という機能を持っています。この機能により、重要なタイミングを迎えているユーザーへ自動的に通知を配信し、コンバージョンへ導くことができます。

  • 例)
  • ・プレコンバージョンページで離脱したユーザーへ通知
  • ・コンバージョン完了ユーザーへThanks通知
  • ・TOPページを閲覧したユーザーへ通知
  • ・その他、特定のページを閲覧したユーザーへ通知

オリジナル通知許可ダイアログ

オリジナル通知許可ダイアログ

PushTrackerのWebプッシュ通知では、ブラウザ標準ダイアログの前にオリジナルダイアログを表示することができます。お客様のWebサイトのイメージを損なうことなく、ユーザーに通知許可のメリットを認知させやすくなり、より幅広いユーザーへプッシュ通知配信が可能となります。

属性情報CSVアップロード/ダウンロード

属性情報CSVアップロード/ダウンロード

ユーザー属性ファイルをCSV形式でアップロード/ダウンロードすることができます。お客様の会員DBで管理しているユーザーへプッシュ通知を送りたいときに有効です。

お電話からのお問い合わせ

03-5485-7270

受付時間 10:00〜17:00(土日祝除く)

資料請求やWebからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
お問い合わせ
資料請求はこちら

PAGE TOP